渋谷で半年間に6公演。これがGCの最初の構想だった。ハイライトは渋谷ON AIR EAST、初日スペシャルゲストは矢野顕子である。矢野は寺岡によるレアな選曲に驚き、寺岡は圧倒的な歌唱力と、共演者を演出する矢野に驚いた。GRAPEVINEの田中和将はシンプルなR&Rを歌い「新鮮や!」と歓喜、このメンバーとバンドを組むことに。出演者をプロデュースする。GCの真の姿が明らかになった記念すべき夜。
 まさか矢野顕子さんに出てもらえるとは思わなかった。僕、そんなに面識なかったんですよ。でもスケジュールを確認してからパッとOKを頂いて。大体ね、すごい人ほど二つ返事で出てくれるんですよ。不思議なことに。それは本当に現役感があるということじゃないかな。そういう意味でも矢野さんが出演してくれたのは嬉しかった。ま、実際はかなり緊張しましたけど(笑)。めちゃくちゃオーラのある方だから、リハーサルの時も全然喋れない。そのまま本番を迎えて、ステージ上で初めてまともにお話ができました。  
感動したのは矢野さんと僕が二人でやった時。歌をものすごく聴いているピアノなんです。とても自由に弾いてるように見えるけど、すごく歌を受け止めて、合いの手や強弱をつけて、プッシュしてくれる。歌心がある演奏ってよく言うけど「楽器でサポートするってこういうことなのか」と思い知りました。アンコールでは矢野さんが楽曲提供した郷ひろみさんの曲をやりましたね。僕が高校生の頃にサブカルっぽい人達が郷さんに曲提供したことがあって、矢野さんの曲がとても良くて。♪毎日僕を愛して。君の笑顔が僕を男にする〜というサビがシンプルだけど新鮮だった。あの曲をカヴァーしたのは僕ぐらいでしょうね(笑)。  GRAPEVINE の田中和将君には「出てほしいな」と思ってました。彼は単独でイベントに出ることはあまりなかったらしいんですけど、田中君も「ひとつだけ」からインスパイアされて「1&MORE」という曲を作るくらい、矢野さんのことはすごくリスペクトしてましたから。この日、出てくれた矢野真紀ちゃんもadvantage Lucyも矢野さんには圧倒されてて。それぐらいすごかったですよね。
【呼人バンド】Golden Circleのテーマ 【SUNNY】愛と風のように/はじめの一歩、他 【advantage Lucy】地球、他/we go(with寺岡呼人)/ホトグラフ2001 【矢野真紀+呼人バンド】君のためにできること/名前/大きな翼/タイムカプセルの丘 【田中和将+呼人バンド】1&MORE/My Generation、他 【呼人バンド】グロリア/陽のあたる場所/ブランニュージェネレーション 【矢野顕子】それだけでうれしい/さようなら/大いなる椎の木(with寺岡呼人)/あとどれくらい?(with寺岡呼人) EN-1:毎日僕を愛して/EN-2:ひとつだけ
 寺岡とBUNGEE JUMP FESTIVALによるJUN SKY WALKER(S)の「すてきな夜空」。ゆずとスナッパーズと寺岡による、ゆずの「嗚呼、青春の日々」。GCならではの混合編成が会場を沸かせる。大ベテラン友部正人と、彼を敬愛するBUNGEE〜の町田直隆が共演して、三世代をつなぐというGCの理念が早くも具現化する。半年間6公演の最後を飾るのはGCで生まれた新曲2曲。この曲と共に、GCは新たなる一歩へと踏み出した。
 友部正人さんには再び出演してもらいました。この時の友部さんがすごかった。「Like a Rolling Stone」「ぼくは君を探しに来たんだ」とか、あのリフレインしながら盛り上がっていく感じが、ものすごく良く出た記憶がある。この時にBUNGEE JUMP FESTIVALの町田君が急遽共演することになって。彼はもともと友部さんの大ファンで、もうガチガチになって歌っていたのも覚えています。その姿が10何年前に友部さんと初めて共演した自分とダブッて、「俺もそうだったよ」とにこやかに見守ってました。ただ、その10何年後にまた22、23歳ぐらいの子をガチガチさせる友部さんが「すげえな」とも思ったんですよ。やっぱり「Like a Rolling Stone」じゃないけど、まわり続けているからこそ、何年経っても若い子をガチガチさせることができる。それこそが僕が本当にやろうとしてたGolden Circleの姿だなぁと感じました。  
BUNGEE〜とはJUN SKY WALKER(S)の「すてきな夜空」をやりましたね(笑)。あれはスタッフからのアイデアです。まぁ、町田君はジュンスカも聴いていたんで、自然な流れではあったんですよ。それからスナッパーズとゆずが共演! そうだった、そうだった!当時のアルバム『ゆずモア』の「昨日の俺は俺にあらず」という曲で、彼らは一緒にレコーディングをしてて。それをステージでも再現したんですよね。プロのスタジオ・ミュージシャンには出せない雰囲気の演奏だったんで、音源もステージも非常に面白かった。  そしてイベントの前に友部さん、ゆず、スナッパーズ、BUNGEE〜で曲を作ったんです。「OVER THE FUTURE!」は会場でも販売して、「アイラブユー」は僕のシングルになって。この2曲をアンコールで全員でセッションしました。半年間に3回、最初のGolden Circle の本当の集大成となりましたね。
【呼人バンド】Theme of Golden Circle 【BUNGEE JUMP FESTIVAL】すてきな夜空(with寺岡呼人)/イノチガケ/ラジオ メランコリー/不良少年マーリー 【スナッパーズ】バルジ/Back Packer/march/sweet after(with寺岡呼人) 【ゆず+寺岡呼人+スナッパーズ】昨日の俺は俺にあらず/嗚呼、青春の日々 【ゆず+呼人バンド】3カウント/いつか/アゲイン2 【呼人バンド】陽のあたる場所/グロリア/あとどれくらい?/ブランニュージェネレーション 【友部正人】地下鉄の歌/働く人 【友部正人+呼人バンド】あいてるドアから失礼しますよ/ぼくは君を探しに来たんだ(with町田直隆)/Like a Rolling Stone(with町田直隆) 
EN-1:OVER THE FUTURE!/EN-2:アイラブユー
Title : Golden Circle
2010/10/20 Release
TFCC-86336 定価:3000円(TAX IN)